お金があるところには財布がある

 

お金と財布

財布は世界中で使われています。
お金があるところでは、財布を使うわけですよね。

 

世界で、お金がない国はあるのでしょうか?
一つくらい、そういう国があっても良さそうなものですよね。

 

でも私が知っている限りでは、お金がない国はありません。
お金がない国は、まず現代では、「国」として認められないということなのでしょうね。

 

もちろんアフリカの奥地などには、まだ昔ながらの生活をしている人がいます。
そういう人たちは、村の中では、お金を使う場所がないということはあると思います。

 

お店がなければお金は使えません。長財布 メンズがあっても意味ないですね。
でもお店がない地域だって、世界は広いわけですから、ないとはいえないわけですよね。

 

でもそういう地域は、ごく一部の例外と言えるのだと思います。
今ではどこにも、お金があるんですね。

 

お金があれば、もちろんお金をたくさん持つ人と、少ししか持たない人とが生まれてくることになります。
これは仕方がないことですね。

 

ですからアフリカの奥地でも、お金持ちとそうでない人が、出てき始めているということです。
これは時代の流れといえるのでしょう。

 

そうすると、お金がある人は、アフリカの奥地に住んでいても、街であれこれ買い物をしてくるわけです。
電化製品なども買い込んで、奥地へ持ち帰るわけですね。

 

ところが哀しいかな、アフリカの奥地には、まだ電気が通っていない場所があります。
それなのに、お金がある人は、電化製品を買ったりするんですね。

 

電気が通っていないから、電化製品は使えません。

 

それではどうやって使うのかといえば、植木鉢をのせたり、食べ物をのせたりして、
「棚」として使っているそうなんです。

 

お金をたくさん持っている人は、そうまでしてお金が使いたいわけですね。
お金がない私などから見ると、まったく羨ましい話です。

 


財布は使いやすさが重要

今はサマンサのお財布を使っています。私は女性なのでカードやレシートがたくさん入るお財布が良いです。20000円くらいのお財布です。
サマンサが大好きでバッグもお財布もサマンサを愛用しています。その前はヴィヴィアン・ウエストウッドの物を愛用していました。
もうすぐ28歳になるので、そろそろサマンサは卒業しなくてはいけません。なので、次はヴィヴィアン・ウエストウッドの財布にしようか迷っています。

 

お財布はレジで出したりと人目につくものなので、それなりのものを持とうと思います。
安いボロボロの財布には金運が舞い込まない気がするのです。お財布は赤字を意味する赤い色は使いたくありません。
できれば黄色や青色が良いです。素材は汗や水に濡れても大丈夫な素材が良いです。汚れにさも重要なポイントです。

 

私は財布 ブランドを愛用しています。長財布はレシートやカードがたくさん入るので気に入っています。
私はお札とレシートを別々でしまいたいので、ポケットは2つ必要です。小銭スペースも2つ欲しいです。
小銭は分けてしまわないと探すのが大変です。小銭スペースが小さかったり開けにくかったりするのも嫌です。

 

そして開け閉めは早く簡単にできるものが良いです。子どもが生まれてからレジに時間がとれなくなってしまいました。
子どもの保険証なども入れるスペースが必要です。私はけっこう人目が気になる人間なので、レジで店員や次の人を待たしてしまうことに

 

引け目を感じます。急がないといけないといつも焦ってしまいます。なので、開け閉めが早くできてしまったり出したりするのが素早くできるお財布でないといけません。
また、最近子どもが色々なものを開けて口に入れたり破ったりすることが増えてきました。

 

今使っている財布は子どもにはなかなか開けることのできないファスナー式で助かっているのですが、色が赤とピンク色なのです。
家計費を入れる財布としてはどうかと思うし、自分の年齢を考えるとサマンサはもう卒業したいです。
今の財布は3年ほど使用しているものです。なのでそろそろ買い換えたいです。

 

もうすぐ私の誕生日なのですが、お財布を買ってもらおうかなぁと思っています。でも、旦那は5000円くらいしか出してくれないでしょうね。
それに私は安く買える通販が大好きな人間です。旦那に通販でコレって頼むのもなんか嫌です。

 

勝手にこっそり買い替えちゃおうかとも考えています。旦那がお金を惜しまず買ってくれるなら次はやっぱりヴィヴィアン・ウエストウッドがいいかなと思います。